そばかすとシミは同じもの?違いとケア方法

大人気↓ビーグレン

そばかすとシミは同じもの?違いとケア方法

 

シミ・そばかすケア

 

年齢と共に頬に茶色い点が・・今までに浴びた紫外線が何年も経ってから悪さをします。

 

しみの原因は紫外線などの外的な刺激よよってメラニン色素が過剰に分泌されるためで、肌の表面に現れていなくても。肌の奥にすでにスタンバイしているのです。

 

隠れしみを見ることができる専用のカメラを使うと、恐ろしいほどのシミが隠れていることが分かります。

 

これ以上シミを増やさないためには、紫外線を防ぐだけではなく、隠れしみのケアも大切なのです。

 

 

そばかすもシミと同じような茶色い斑点ですよね?

 

どちらも同じだと思っている人が多いようです、素人にはどれがシミでどれがそばかすか判断できないものです。

 

しかし、その原因は全く違うため、どちらなのかを見極めることで効果的なケアができるのではないでしょうか?

 

 

シミもそばかすも女性にとっては必要のないもので、肌の大きな悩みになってしまいます。

 

夏だけではなく一年中紫外線対策をしてシミやそばかすのないきれいに肌を目指しましょう。

 

 

何が違うのか?

 

それでは、シミとそばかすは何が違うのでしょう?

 

まず、見た目ですがシミは大きさが均等ではなく大きいものもあれば、小さいものもあります。

 

形もひどくなると1センチ以上の茶色の楕円になって現れ、メイクで隠すのが難しくなってしまいます。

 

シミは色が濃いため、コンシーラーなどを使ってもきれいに隠すのが難しいのです。

 

 

そばかすはシミよりも小さな点で、大きさはある程度均一で頬だけではなく鼻にできることもあります。

 

また、顔だけではなく方や胸、背中にもできやすいと言われています。

 

 

シミは年齢を重ねるほどに濃くなり、数も増える傾向にあります。

 

その原因は紫外線やニキビ跡によって、メラニン色素が過剰に分泌されることですが、ホルモンバランスや加齢によって色の濃さや数が増えます。

 

 

そばかすは、アニメで「そばかすなんて〜気にしないわ〜」と歌があるように、幼少期からできることが多く遺伝的要素が大きいと言われています。

 

子供のころにできてしまうそばかすは、子供心にとても嫌なものかもしれませんね。

 

色白の人に多いようで、シミとは逆に年齢を重ねるほどにいろは薄くなることが多いようで、色が薄く小さいのでシミよりはメイクで隠しやすいはずです。

 

 

どちらの場合も、メラニン色素によって悪化し、数や色が増えたり色が濃くなったりします。

 

ですから、幼少期からの紫外線対策がとても大切なのです。

 

 

シミとそばかすのケア方法

 

シミとそばかすは全く違うものだとお分かりいただけたでしょうか?

 

そばかすは遺伝的な要素が大きいため、完璧に防ぐ方法はなくこれ以上増やさないための紫外線対策をするしかありません。

 

年齢と共に薄くなるので、ケアを続けながら上手に隠す方法を見つけましょう。

 

 

シミはそばかすと違いしっかりケアすることで、防ぐことも、すでにできてしまったものを改善することもできます。

 

そのためには、紫外線や外的な刺激から肌を守ることが大切です。

 

一年中日焼け止めを使うことはもちろん、食生活や生活習慣にも気を遣わなくてはなりません。

 

睡眠不足やホルモンバランス、栄養不足も大敵で体のめぐりが置くなることで、肌荒れやシミを防ぐことができます。

 

 

シミだけではなくそばかすケアにも欠かせないのが、美白効果の高い化粧品を使うことです。

 

メラニン色素の分泌を抑制し、肌を健やかに保ってくれる化粧品は、毎日のケアに欠かすことのできないものです。

 

特に肌の漂白剤として知られるハイドロキシンを配合したものは、すでにできてしまったシミやそばかすにも効果がるのでおすすめです。

 

 

シミやそばかすがあるだけで、自分に自信が持てなくなってしまいます。

 

予防とケアをしっかり行い、すっぴんにも自信を持てる自分になりましょう。

 

皮膚の専門家開発の↓アンプルール