美白化粧水はなぜあんなに高いの?

大人気↓ビーグレン

美白化粧水はなぜあんなに高いの?

 

デパートの化粧品売り場に並ぶ美白化粧水の値段を見て驚いたことはないでしょうか?

 

1本1ヶ月ほどしか使えなないのに、1万円近いものがほとんどです!

 

ラインで揃えたらいくらになるのでしょう・・

 

しかし、毎年新しい美白化粧水が出るのは、それだけ人気があると言うことなのでしょう。

 

デパート化粧品売り場

 

高価な美白化粧水はなぜあんなに高いのでしょう?

 

考えてみてください・・

 

有名化粧品メーカーでは夏が近づくと、有名女優さんやモデルを使った広告やCMを作るため、雑誌やテレビで何度も目にしますよね?

 

この宣伝費、広告費がかなり高額で、プチプラ化粧品にはないものです。

 

とても美しい女性が宣伝していると、この化粧水を使うことで自分もそんな風になれるかもしれないと思ってしまいます。

 

それだけ、宣伝は重要で商品の売り上げを左右する大切なものなのです。

 

 

また、美白化粧水に関しては特に発売前の研究や治験に莫大な費用がかかります。

 

ビタミンC誘導体のような緩やで安全性が確認されている成分ではなく、メーカー独自開発の美白成分や新しい配合を試す場合は、とにかく時間をお金がかかるのです。

 

それがお金がどこから出るかと言うと、化粧品の値段に上乗せされているのです。

 

 

このように、美白化粧水は高い成分を使っているだけではなく、宣伝費や治験費にもお金がかかっているのです。

 

 

有名美白成分の原価は高いのか?

 

美白化粧水 高価

 

美白効果がある化粧水は、他のものに比べて高額ですよね?

 

美白成分以外の成分はほとんど変わらないのであれば、美白成分が高いということでしょう。

 

 

一般的な化粧水に含まれる美白成分は、ビタミンC誘導体やアルブチンが多いでしょう。

 

アルブチンはビタミンCとの相互効果で効果が高くなるので、一緒に含まれている場合が多いようです。

 

しかし、この二つの美白成分は原価がとても安く、プチプラ美白化粧水には必ずと言って良いほど配合されています。

 

 

これに比べて、日本では皮膚科でしか手に入らなかった、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンが最近では濃度が低いものに限り美白成分として販売できるようになりました。

 

これは、ビタミンC誘導体などに比べると少しだけ原価が高いようです。

 

 

また、各化粧品メーカー独自開発の美白成分もたくさんありますが、これらの原価は公表されていないのでわかりません。

 

 

実際は、美白成分の原価がものすごく高額なことはなく、それを開発するための費用がかなりかかるため、美白化粧水=高いというイメージになったのかもしれません。

 

 

コスパを考えると悪くない?

 

美白化粧水のコスパを考えるとどうでしょう?

 

美白はできてしまったシミやくすみを解消するだけではなく、これから作らないために予防にもなります。

 

いつまでも透明感のある美しい肌を保つためには、美白化粧水はなくてはならないものです。

 

 

何万円もする美白化粧水もありますが、数千円で美白ができるのであれば、コスパは悪くはないと思いませんか?

 

できるだけ宣伝費や広告費にお金をかけていない優秀な美白化粧水を選べば、コスパはもっと良いと思えるはずです。

 

 

もし、たくさんのシミができてしまったらどうしますか?

 

そのままにする人も多いようですが、皮膚科や美容外科で治療を受ける人がほとんどです。

 

シミは、女性にとってとても嫌なもので、それがあるだけでテンションは下がり、自信もなくなってしまいます。

 

美白化粧水 コスパ

 

もちろん、治療である程度薄くすることはできますが、かなり高額な料金がかかります。

 

それを考えると、毎日のケアで美白化粧水を使ってシミ対策をする方が、ずっと自分のためになると思いませんか?

 

 

最近は高価なものだけではなく、お手軽価格の美白化粧水がたくさんあります。

 

自分の肌に合うものを見つけて、続けることで自信が持てる肌を手に入れることができるのです。

 

皮膚の専門家開発の↓アンプルール