美白化粧水の効果

大人気↓ビーグレン

美白化粧水の成分を知れば効果がわかる!

 

美白化粧水を選ぶ際、多くの方はCMなどの印象だけで選んでいると思います。 または製品のパッケージを鵜呑みにしているとか・・・

 

ですが、これは絶対にNGです!

 

なぜなら美白化粧水選びで一番大事なことは、

 

美白化粧水がどんな効果を狙っているか?
効果的な成分が配合されているか?

 

この2点だからです。

 

美白化粧水 成分

 

化粧品メーカーは売れなければ潰れてしまうので、あらゆる良い事があるように、そしてどんなシミでも、地黒の方でも美白化してしまうような文句をパッケージに書いているでしょう。

 

ですがほんの少しの知識があれば美白成分は理解できます。 ここさえ理解できれば、ご自身が何に悩んでいるか?で、最適な美白化粧水を選ぶことができ、最大限の美白効果を得られるでしょう。

 

ではこれから成分をわかりやすく解説していきます。

 

 

お肌の漂白剤・ハイドロキノン

 

出来てしまったシミを薄くするのはレーザーだけではなくハイドロキノンという成分でも可能なのです!市販のクリームなどにも配合されている物がありますが効果は薄く、より効果的に使いたい場合は皮膚科を受診してもっと濃度の高いハイドロキノンを処方してもらわなくてはなりません!でも、クリームを塗ることによってシミが薄くなるなんて少し怖いと思いませんか?

 

実際、このハイドロキノンは別名肌の漂白剤とも言われ、使い方を間違えると大きなトラブルにつながる大変使用方法が難しい成分でもあるのです!シミを消したいと思って使い始めたのに、余計に色が濃くなったり白斑などの副作用が起こる可能性があり、濃度によっては市販では手に入らず、医師の指導のもと正しく使う必要があるのです!とは言っても正しい使いかたを守ことでデキてしまったシミを目立たなくすることができるため、長年の悩みを解決することができる素晴らしい成分です。

 

海外でもシミ消しクリームとして一般的に使用されている成分で、日本よりも規制が緩く自己責任で濃度の高いクリームを使える国もあるようですが、やはり日本ではまだハイドロキノンについての知識が多くない人がほとんどなので、皮膚科で処方してもらった方が良いのかもしれません。

 

もっと詳しく=顔のしみを消すハイドロキノン! 配合化粧品比較

 

シミも改善するトラネキサム酸

 

出来てしまったシミを消すことは簡単ではありませんが、薄くすることはできるようになってきました。

 

皮膚科や美容外科などではレーザー治療や投薬、ハイドロキノンなどの優れた成分によって目立たなない状態まで薄くすることが可能で、化粧ではごまかすことができない大きなシミや濃いシミはこれらの方法で治療する人が多いようです。

 

 

しかし、シミと同じようにできてしまう肝斑は見た目が似ていても治療方法は全く別で、シミと勘違いして治療することで悪化することがあるため見極めがとても大切なのです!肝斑は治療やケアが難しく厄介だと思われてきましたが、最近はトラネキサム酸によって薄くなることが分かり数か月服用すると徐々に肝斑の色が薄くなる人が多いようです。

 

このトラネキサム酸は、医療現場で止血剤として使われてきた薬ですが肝斑を薄くする効果があると分かり、今までなかなか改善しなかった肝斑の改善に役立っているのですが、その特性上注意が必要な成分でもあるのです!元々は止血目的で使用されていたものなので、体質的に血栓が出来やすい人や近親者にそのようなひとがいる場合は服用する前に医師に相談して正しく使用する方が安全です。

 

肝斑があるだけで肌がくすみ老けて見えるのですがトラネキサム酸を服用することによって肝斑を薄くし若返ることができるかもしれません。

 

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCが肌にとても良いことは誰でも知っていますよね?肌荒れやニキビ、日焼けにも欠かせない成分で疲労回復にも効果的なので、疲れが溜まってきたときや病後などは積極的に摂取したい成分と言えます。

 

その効果を美白や美肌に生かすために化粧品やケア用品にも配合したいところですが、ビタミンCの特性上刺激に弱く肌に浸透させることがとても難しいのです!ですから肌に良いと思ってビタミンCをたっぷり肌に塗ったとしても肌への浸透はほとんどなく、効果が見込めないのです!しかし、ビタミンC誘導体ならその成分を肌に浸透させるだけではなく皮膚に浸透してからビタミンCに変化する優れた成分なのです!

 

このビタミンC誘導体は抗酸化作用や新陳代謝を促す効果が高いため化粧水やクリームになどの配合されることが多く、美肌や美白効果にす優れた化粧品として活用されています!ドラッグストアなどで化粧水などのケア用品を見てみると多くの商品にこのビタミンC誘導体が含まれていることが分かります。

 

他にもコラーゲン生成に働きかける効果がありシミやシワなどの年齢肌にも効果が期待できるため、美白と美肌両方の効果がある化粧品を使いたい場合は、このビタミンC誘導体が含まれているものを選ぶことをおすすめします。

 

もっと詳しく=肌荒れに効果抜群!ビタミンの適切な摂取方法

 

成分の美白効果を高めたいなら浸透率に注目しよう

 

美白化粧水 浸透力

 

透明感のある白い肌を手に入れるためにはその効果が高い化粧品を選ぶ必要があるますよね?しかし、どんなに良い成分でもそれが肌の奥深くまで浸透しないと意味がありません!ただ肌の表面に塗るだけなら何の効果も得られず無駄になってしまうのです。

 

とくに美肌効果を高めたい場合は浸透率に注目することが大切です。

 

 

最近この浸透率を高めるための美顔器がとても人気で自分の肌の悩みに合わせた物を使うことで、普段の何十倍もの浸透率があり美肌、美白へを導いてくれるそうです!芸能人やモデルさんがブログなどでこのような美顔器を使っている姿を紹介していますが、やはりキメが細かく透明感のある肌は毎日のスキンケアがとても重要なんですね!

 

特に人気があるイオン導入美顔器は有効成分を電流によって肌に浸透させるため、美白、美肌効果が高いビタミンC誘導体を美容液として使うことで普通に使うよりもずっと浸透率が上がるため、結果肌のキメが整いたるみやシミ、くすみ改善が期待できます。

 

年齢を感じ始めた肌、くすみが気になり透明感がない肌のどちらにもこのイオン導入美顔器とビタミンC誘導体ダブル使いが効果的で、若い人から40代、50代まで幅広い女性の強い味方になるのではないでしょうか?

 

 

美白の天敵メラニン生成とは

 

美白の天敵と言えば肌を黒くし肌トラブルを引き起こすと言われているメラニンではないでしょうか?このメラニン色素は本当に体にとって害しかないのでしょうか?

 

肌は紫外線や摩擦などの刺激によってメラニン色素が過剰に分泌され、それがシミやそばかす、肝斑などとして現れてしまうため、美白を目指す人にとってはこのメラニン生成を抑制することがシミやくすみのない透明感のある肌になるための近道だと思っているはずです。

 

確かにこのメラニン色素の生成がシミやそばかす、肝斑などの肌トラブルにつながるのは確かなのですが、実はこのメラニン色素は肌に害を及ぼす存在ではなく紫外線などが肌の奥深くまで届くのを抑えバリアになる大切なものなのです!ですから、メラニン色素が生成されないと私たちのひつはダイレクトにダメージを受け皮膚がんなどの怖い病気を引き起こす可能性があるのです!

 

ですからメラニン色素をすべて排除することは体にとってとても危険で、シミなどを防ぐためには過剰に分泌させないことも大切ですが肌のターンオーバーを促し、古い角質や皮膚を剥がし新しい皮膚を作ることが大切でそれによって生成されたメラニン色素を正常に排泄することが大切なのです!

 

そして効果的な美白化粧水はメラニンの生成を抑える成分が必ず含まれていて、美白を持続させる力を持っています。

 

高い美白効果で人気の美白化粧水は、シミ消しや美白効果とともに黒くならない効果があるので継続して使う方が多いという特徴があります。

 

ただしそういった人気の美白化粧水は高価なものが多いのが難点ですね。

 

この理由は成分が高額だからですが、美白にお金をかける方は中年以降の方が多いということもあるでしょう。

 

現在は美白もアンチエイジングの一部ということですね。

 

またおすすめ製品も知りたい!という方はこちらを御覧ください=おすすめアンチエイジング化粧品比較! お悩み別選び方ガイド

 

 

 

 
更新履歴